技リンピックで優勝しました!

11月12日(日)に商業施設「ららぽーと和泉」で第3回技リンピック(主催:和泉市)が開催されました。
テクノステージ和泉など近隣の企業をはじめとする14チームが規定の「いずもく」(和泉市産木材)と「いずみパール」(和泉市産装飾品)を使い、独自の技術やアイデアを駆使して、製作したミニカーを、ポイント地点で、いかに正確に止めることができるかを競います。今回は中央地点にジャンプ台も追加され難易度もあがりました。試技は2回でその合計点で競います。
当校は2回とも100点満点で合計200点を記録し優勝することができました。
たくさんのギャラリーや参加した企業の方々に当校の技術力の高さをアピールすることができました。

H29年10月度入校式

本日、空調設備科(10月入校)の入校式があり、新たに12名の方が入校されました。 入校式には泉大津公共職業安定所長の廣瀬様にも御参列を頂き祝辞を頂きました。また、修了生の就職先企業のダイキン工業株式会社様、東洋ビルメンテナンス株式会社様より祝電を頂きました。入校生は気持ちを新たに1年先の就職に向けエアコンの取り付けやメンテナンス方法をはじめ、空調設備に関する様々なことを勉強していきます。

企業説明会!

本日、当校で企業説明会を実施いたしました。池田泉州銀行様に
お世話になり自動車・車体整備関係の企業5社と環境分析関係の
企業2社が来校され各社のPRをしていただきました。
自動車・車体整備科と環境分析科の生徒、約30名が参加し
各社の説明を真剣に聞いておりました。
今後、生徒の皆さんの就職への選択肢が広がるよう、
校として取り組んでいきます。

空調設備科修了式

本日、平成28年10月入校生の修了式があり、空調設備科18名の皆さんが修了を迎えられました。
今後、本校で身に付けた技能・技術を活かして、それぞれの道でご活躍されることを期待しています。

産業教育フェア

大阪府咲洲庁舎1・2階で「産業教育フェア」が開催されました。
 この催しは、工科高等学校などの実業高等学校の発表の場として
実施され多数の方の来場がありました。
府立高等職業技術専門校も「ぎせんこう」ブースとしてスペースを
いただき、体験やゲームを通じて職業訓練のことを
府民の皆様に知ってもらう取組みを行いました。

エアコンをご寄贈いただきました。

ダイキン工業株式会社様より、このたび据付実習用として本校空調設備科にエアコンが寄贈されました。
今まで使用していたエアコンは、訓練で何度も据付や取り外しをしていたため、傷んでおりました。
今年度、当該実習は終了しているため、本年10月入校生の訓練から活用させていただきます。ありがとうございました。

このご寄贈に際して、ダイキン工業株式会社様に対しまして、6月20日に大阪府知事より感謝状が贈呈されました。

なお、本校ではこの新しい実習機材を使った訓練を行う空調設備科の生徒を募集しています。A日程の募集期間は7月27日までとなっています。

先輩の背中

本日、某日本車ディーラーで働く本校修了生が、本校の自動車・車体整備科の生徒に対して、点検・整備と接客対応のデモンストレーションを行ってくれました。
本社から、技術部のスタッフの方に来ていただき、自動車造りのコンセプト説明などもしてくれました。
生徒にはとても良い刺激になったと思います。
今回参加した生徒が数年後、また同じように、後輩にデモンストレーションを披露するプロのメカニックになって来てくれることを期待しております。
ありがとうございました。

やってみよ~!(^^)/          (体験実習)

平成29年7月6日(木)南大阪校の見学会を実施しました。
参加者は25名でした。今回は体験実習付きの見学会でしたので、各科目の訓練の様子などを見学した後、実習の体験をしていただきました。
見学で興味の湧いた科目を体験したことで、理解も深まったことと思います。

現在平成29年度10月入校生(空調設備科)の応募期間中ということもあり、空調設備科の体験ブースは特に熱を帯びていました。
↑空調必要ですね~( ´∀` )
[A日程募集期間:平成29年6月19日(月)~7月27日(木)]

次回の見学会の予定:7月24日(月)
次回の体験実習付き見学会の予定:平成30年1月12日(金)

ハローワーク 校見学会 ~空調設備科募集中~

平成29年6月21日(水)~6月23日(金)の3日間、ハローワーク職員様向けに南大阪校の見学会を実施致しました。
各科目の訓練の様子などを見学して頂きました。
その後の意見交換会では、時間いっぱいまで活発な議論が交わされ、現在の雇用や求職者の状況などについて、たくさんの貴重なご意見を頂きました。
今後に活かして参ります。皆様ありがとうございました。

ただ今南大阪校では、平成29年度10月入校生(空調設備科)を募集中です。募集期間は平成29年6月19日(月)~7月27日(木)となっております。
空調設備科は、1年間の訓練で空調分野の技術を習得、関連資格を取得し、来年度の就職を目指す科目です。
共に学び、新しい可能性にチャレンジしましょう。
皆様のご応募をお待ちしております。

PR垂れ幕新調!!

この度、本校正面のPR垂れ幕を新調致しました。
新調の経緯として、地元テクノステージ和泉の坂本造機株式会社様が「紀陽CSR私募債」を活用して本校へ寄贈して下さいました。
設置に関しては、支持金具の作製から取り付けまで本校指導員の手により実施致しました。
坂本造機株式会社様及び紀陽銀行様、本当にありがとうございました。

省エネ検証(空調設備科)

 連日良い天気で気温も上昇し、そろそろエアコンのスイッチを「冷房」で入れる季節ですね。
空調設備科では、緑のカーテンによる省エネ効果を検証するため、
南側に面したガラス窓の外側につるが伸びる植物(ゴーヤ)を植えました。
緑のカーテンは夏の強い日差しを遮り室温の上昇を防ぐだけでなく、
植物が吸収した水分が葉から蒸発することで周囲の温度を下げる効果もあります。
室温の上昇を抑えることができればエアコン等の使用を抑えられ、省エネ効果が期待できます。
水やりはタイマーと電磁弁を使い自動散水装置を設置しました。←こちらも省エネです♪

平成29年度 第2回校見学会

 梅雨に入りましたが、とても天気の良いこの日、校見学会を実施しました。
今回ご参加頂いた方は10名で、皆さん真剣に各科目の説明を聞かれ、実習風景を見学されました。
まもなく6月19日(月)から10月入校科目である空調設備科の募集が始まります。
皆様の応募お待ちしております。

次回の見学会は7月6日(木)開催予定です。体験実習も実施予定です。
多くの方のご参加をお待ちしております。

春季レクリェーション!

平成29年度の訓練が始まって1カ月がたちました。
4月に入校してきた生徒さん達も訓練生活に慣れてきたところです。
5月に入り、よりよい人間関係を築き、気持ちよく訓練生活を送って
もらうため、各科クラスでレクリェーションを実施しました。
日常の訓練をはなれて校外へ出ることにより、リフレッシュができ
クラス内の親睦が深まったようです。

バードウィーク!(愛鳥週間)

 5月10日から5月16日は愛鳥週間です。
本校の周りには、自然のままの森があり、校の中庭などに野鳥がやってきます。
訓練の合間である休憩時間や放課後に目にする鳥たちの姿や、そのさえずりは心を和ませてくれます。

人権教育

当校では生徒のみなさんが校の内外でより良い人間関係が構築できるよう人権教育を実施しています。本日は「障がい者の理解」というテーマでエル・チャレンジ事務局長様にご講演いただきました。技術専門校では、校内の清掃業務を障がい者の社会参加のトレーニングの場として活用してもらい、校施設の維持にご協力いただいています。今回の講演をきっかけに障がい者の社会参加に対する理解がより深まることを期待しています。

4月入校生 入校式

本日、4月入校式があり、自動車・車体整備科、電気主任技術科、情報通信科、環境分析科、Webシステム開発科、5科総勢129名が入校しました。
 校長の式辞に続き、大阪府議会議員の森様、杉本様、公共職業安定所長の廣瀬様から、お祝いの言葉をいただきました。入校生の皆さんは緊張した面持ちでありましたが、1年または2年先の就職を目指して決意を新たにしていました。

桜・満開

校内敷地内外にある桜の花が満開になりました。
明日から本年度4月生の入校を歓迎するかのごとく咲き誇っています。
平成29年度の訓練も順調にスタートしようとしています。

修了式

本日、平成28年度の修了式を挙行しました。
5科総勢80名(電気主任技術科、自動車整備科、情報通信科、Webシステム開発科、環境分析科)の生徒が無事に訓練を終えました。
今後、本校で身に付けた技能・技術を活かして、社会に貢献されることを期待しています。


小学生の訪問・体験・取材!

本日、近くの和泉市立北松尾小学校6年生の児童3名が本校を訪ねてきました。
卒業前の総合的な学習で、「将来の夢」について調べているそうで、ネット上のページが、どのようにして作られているのかを教えてもらいたいということでした。
本校のWebシステム開発科の指導員がWebサイトやプログラムの仕組みの説明を行い、その後、生徒の作成したサイトやゲームを体験してもらいました。
そして、プログラムは、一人で作るものではなく、数人、数十人のチームにより作られるものであるということを理解していただきました。
このような見学がきっかけとなって、将来、コンピュータプログラマーになる人が出てくることを期待します。

新しい〇〇になれる!