春季レクリェーション!

平成29年度の訓練が始まって1カ月がたちました。
4月に入校してきた生徒さん達も訓練生活に慣れてきたところです。
5月に入り、よりよい人間関係を築き、気持ちよく訓練生活を送って
もらうため、各科クラスでレクリェーションを実施しました。
日常の訓練をはなれて校外へ出ることにより、リフレッシュができ
クラス内の親睦が深まったようです。

バードウィーク!(愛鳥週間)

 5月10日から5月16日は愛鳥週間です。
本校の周りには、自然のままの森があり、校の中庭などに野鳥がやってきます。
訓練の合間である休憩時間や放課後に目にする鳥たちの姿や、そのさえずりは心を和ませてくれます。

人権教育

当校では生徒のみなさんが校の内外でより良い人間関係が構築できるよう人権教育を実施しています。本日は「障がい者の理解」というテーマでエル・チャレンジ事務局長様にご講演いただきました。技術専門校では、校内の清掃業務を障がい者の社会参加のトレーニングの場として活用してもらい、校施設の維持にご協力いただいています。今回の講演をきっかけに障がい者の社会参加に対する理解がより深まることを期待しています。

4月入校生 入校式

本日、4月入校式があり、自動車・車体整備科、電気主任技術科、情報通信科、環境分析科、Webシステム開発科、5科総勢129名が入校しました。
 校長の式辞に続き、大阪府議会議員の森様、杉本様、公共職業安定所長の廣瀬様から、お祝いの言葉をいただきました。入校生の皆さんは緊張した面持ちでありましたが、1年または2年先の就職を目指して決意を新たにしていました。

桜・満開

校内敷地内外にある桜の花が満開になりました。

明日から本年度4月生の入校を歓迎するかのごとく

咲き誇っています。

平成29年度の訓練も順調にスタートしようとしています。

修了式

本日、平成28年度の修了式を挙行しました。
5科総勢80名(電気主任技術科、自動車整備科、情報通信科、Webシステム開発科、環境分析科)の生徒が無事に訓練を終えました。
今後、本校で身に付けた技能・技術を活かして、社会に貢献されることを期待しています。


小学生の訪問・体験・取材!

本日、近くの和泉市立北松尾小学校6年生の児童3名が本校を訪ねてきました。
卒業前の総合的な学習で、「将来の夢」について調べているそうで、ネット上のページが、どのようにして作られているのかを教えてもらいたいということでした。
本校のWebシステム開発科の指導員がWebサイトやプログラムの仕組みの説明を行い、その後、生徒の作成したサイトやゲームを体験してもらいました。
そして、プログラムは、一人で作るものではなく、数人、数十人のチームにより作られるものであるということを理解していただきました。
このような見学がきっかけとなって、将来、コンピュータプログラマーになる人が出てくることを期待します。

第1級陸上特殊無線技士受験!

先日、第1級陸上特殊無線技士の国家試験が行われました。
通称「陸特」と呼ばれるこの資格は、携帯電話施設や衛星通信施設に置かれている無線機の操作をするのに必要な資格です。
今後、無線によるデータの送受はますます増えていくことが確実で、陸特の有資格者は今まで以上の活躍が期待されます。
情報通信科は携帯電話業界に就職する方も多いため、しっかりと受験対策を行って陸特の試験に臨みました。
結果が出るのはもう少し先ですが、試験終了後の皆さんはにっこり笑顔、春には有資格者となり、さまざまな無線設備を扱うことができると思います。

4月入校生(B日程)募集中!

本日、校見学会を実施しました。
気温が低く、雪が降り積もるなどの悪天候の中、13名の方が参加してくださいました。
参加された方は、各科の科目説明などを熱心に聞いておられました。
今後の進路の参考になれば幸いです。
1月31日から平成29年4月入校生(B日程)の募集が始まっています。

募集締切は、3月13日(月)です。

次回の見学会は3月10日(金)開催予定です。
多くの方のご参加をお待ちしております。

大阪オートメッセ2017 見学!

本校では、訓練に関連した様々な施設見学を通して、最新の知識や技術を得るための校外活動を実施しています。
本日は、自動車・車体整備科及び自動車整備科の生徒が南港にあるインテックス大阪で開催されている「大阪オートメッセ2017」を見学しました。
このイベントは、自動車カスタマイズをメインにした国内有数のビッグイベントで、毎年20万人を超える来場者でにぎわいます。
「今年は、クルマの個性イッパイ。おもしろさ満載」をテーマに実施されました。
この見学で、最新の車のトレンドを把握し、就職先で生かして欲しいです。

出張☆オモシロ実験室!!

OSAKAしごとフィールド主催の「ものづくりWEEK」に参加してきました。
これは、求職者を対象に、ものづくりの楽しさを知っていただくもので、南大阪技専校は、1月30日に、 題して「色素分離のフシギ、発見!」というセミナーを行いました。
水性マジックは、たくさんの色素が混合して、1つの色を構成しています。
それらの構成色素を簡単な実験により分離しました。
参加者の方々は、1色の水性マジックから綺麗なグラデーションが現れる様子を見て大満足でした。
実は今回の実験は、化学分析の基礎となるクロマトグラフィーの一種です。
これを応用することで、食品添加物の含有量調査を行うこともできます。
「化学分析は楽しい!!」を実感して頂き、大成功でした。

ロウ付け作業格闘中(空調設備科)!

空調設備科では、現在、エアコン配管に使われるロウ付け作業の練習に励んでいます。
配管ロウ付けとは、ガス溶接の設備を使用し、炎で銅配管を温めて、ロウを流し込む接合技術です。
炎の調整や配管の温度変化を熟知しないと、ロウが流れず接合することができません。
皆さん、試行錯誤をしながら技術の習得に取り組んでいます。
ガス溶接を使用するので、ロウ付け実習と並行して、ガス溶接技能講習を行いました。
当校は大阪労働局長よりガス溶接技能講習の講習機関として認められており、修了要件を満たせば、ガス溶接技能講習修了証を交付します。
来週が、ガス溶接技能講習修了試験です。
全員合格を目指して頑張ってください。

安全作業への取り組み!

自動車整備科2年では、実習作業時の安全対策への取り組みとして、週毎に発生したヒヤリハット事例について話し合いをしています。
自動車整備は、軽自動車でも約1トンあり、重量物を取り扱う危険を伴う作業です。
ヒヤリハット事例の中で、安全対策を徹底しないといけない事例については、ポスターを制作し、実習場に掲示をしています。
今回は、その中の1つを紹介いたします。
「リフト操作時の確認事項」です。
作業に慣れ、緊張感が低下しがちなリフト作業の安全確認を徹底するために制作しました。
修了まで、約2カ月。重大事故ゼロを目標に、今後も取り組んでいきます。

4月入校(A日程)生徒募集!

本日午後、今年2回目の見学会を実施しました。
41名の見学者が来校されました。
2班に分かれて、各科実習場をおよそ1時間かけて、校内を見学していただきました。
4月入校のA日程(1次募集)の願書受付は1月25日(水曜日)までです。
入校選考日は2月17日(金曜日)です。
詳しくは、生徒募集案内をご覧ください。
次回の見学会は、2月10日(金曜日)午後1時30分からです。

サーバー構築実習!

情報通信科では、現在、サーバ構築実習を行っています。
先日
、サーバが更新され、最新の設備で訓練ができるようになりました。
しかも、今回更新されたサーバーは
、非常に高性能なXeonと呼ばれるCPUを搭載したものです。
IT業界未経験で情報通信科に入り、安心して就職できるのも、実際に企業で使われている機器を使って実習が行われているからです。
ルーターやスイッチなどのネットワーク機器も、実際の企業で使われているものと同じ機器を使って訓練を行っているので、仕事のイメージを持つことができると生徒から好評です。

リバティおおさかに行ってきました!

本日午前、本校全科(7科目169名)が浪速区にある「リバティおおさか(大阪人権博物館)」に行ってきました。
本校では、人権教育計画に基づき、年9回、それぞれにテーマを決めて人権教育を実施しています。
今回は、12月の人権週間に合わせて、生徒及び職員が幅広い人権意識を持ち、「いのちの大切さ」を正しく理解することを目的に「リバティおおさか」の見学を行いました。
参加した生徒からは、難民、DV、同性愛、アイヌ、被差別部落、ハンセン病、いじめなど多様なテーマの問題を見て、人権とは何かということを深く考えることができたなどの感想が寄せられました。
今回の見学が今年度最後の人権研修になりましたが、生徒にとって身の周りにあるいろいろな人権を侵害する事例等を考える良い機会になったと思います。

しごとフォーラム in 泉州2016!

本日、今年で3年目となる「しごとフォーラムin泉州2016」が本校において開催されました。
主催は、「南大阪産業人材育成連携会議」です。
今回は、午前の部を企業向け、午後の部を求職者向けに行いました。
午前の部では、桃山学院大学学生部キャリアセンターの前澤課長から、「大学生の就職にまつわるエトセトラ」と題してご講演いただき、そのあと、和泉市、大阪府立産業技術総合研究所、本校による企業向け公的支援の紹介などを行いました。
午後の部では、「本校の見学会」と「企業交流会」を行いました。
企業交流会は、4社の企業ブースに分かれ、各2回行いました。
ご参加いただいた皆さま、ご協力いただいた企業及び関係機関の皆さま、どうもありがとうございました。
本校は、このような産業人材育成に寄与する事業を通じて、今後とも、地域社会に貢献してまいります。

工事担任者試験終了!

先日、工事担任者の国家試験が行われました。
あまり聞きなれない資格ですが、インターネットや電話回線の工事を行うにはこの資格が必要です。
通信インフラの世界で就職を目指す情報通信科にとって、大きな関門となりますが、ほとんどの生徒が合格できそうです。
難関資格ながら、仲間同士励ましあいながら勉強したことが結果につながり、みなさん満足した様子です。
指導していた指導員も、ほっと一安心です。
今年はすでにCCNA、CCNPなどのベンダー資格にも多数合格しており、今後が楽しみです。

設備管理の現場を見学!

本校の電気主任技術科1年生と2年生が、関西国際空港の冷暖房を一手に担っている企業「関西国際空港熱供給株式会社」に行ってきました。
空港には、旅客ターミナルビル、ホテル、鉄道駅、貨物施設などの空港機能を支える多数の施設が設置されていますが、この企業は、快適で環境にやさしい空港を実現するため、これらの空港島内の施設に、主に冷暖房用の熱源として、冷熱・温熱(冷水・蒸気)を24時間365日、安定的に供給しています。
現場でしか見ることのできない大型のボイラー、冷凍機、蓄熱槽などの熱源製造機器が稼働している様子は見応えがあり、大変勉強になりました。
生徒は、就職先として魅力的な設備管理業界の具体的な「しごとのカタチ」を見せてもらって、良い刺激になったことと思います。

ものづくり技術館に行ってきました!

本校の自動車整備科2年生が、京都にある「KTCものづくり技術館」に行ってきました。
KTCは、自動車整備の業界では有名な工具会社です。
今回は、KTCものづくり技術館と併設されている製造工場を見学させていただきました。
KTCモノづくり技術館では、「ラチェットハンドル」の組立を体験し、製造工場では、鍛造、プレス及び熱処理等についてを工程ごとに説明を受けました。
生徒にとっては、本校で学んでいる内容ですが、実際の工程を見ることで、より理解も深まったと思います。
この見学で工具づくりの大変さやこだわりを知り、工具を大切に扱う整備士となることを期待します。

新しい〇〇になれる!